2009年11月03日

はずせない指輪

20091003 073-400.jpg
今回の彫刻展で一番心に響いた作品です



友人がかぎ針編を教えて欲しいと言うので、
今冬は週末に個人指導の手芸教室を開くことにしました。

初心者なのに、難しいキットを頒布会で半年購入してはるので、
なかなか苦労しながら楽しんでいます。

今は携帯入れ。
製作途中 まだ底を作っていない段階で手にはめて
みたら、温か〜いハートたち(複数ハート)
レッグウォーマーのように手首にはめたら
セーターを着ているみたいに見えて楽しいかも・・・
と、意外な発見をしました。

2009110319010000-1.jpg

余談ですが、指にはめているシルバーの指輪。
これ、自分で作ったものなんです。

父の看病をしていた頃に、この指輪を見つけた父が
私の手をとり、しばらく眺めて
「この指輪はええなぁ。よう似合っとる。」
と、珍しく私の装飾品を褒めてくれました。

なので、なんだかはずせなくなって、
ちょっと指より大きくてグルグル回るし、
可愛い指輪をしたいのに、はずせないまま
指にはめているのです。
posted by jupi at 20:31| 京都 ☀| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。