2010年07月15日

静かに待つ

画像 006.jpg

テレビで見てから、ずっと実際に見てみたかった
山下工美さんの影のアート

タイトルは「まちのながめ」

凹凸のある数字のオブジェが壁に貼り付けてあって、
ライトを当てると、女性が手すりに手をあてて、
誰かを待っているような感じ?

不思議だなぁ・・・

東京の産婦人科には、影で赤ちゃんが浮かび上がる作品が
あるのだとか。

またどこかで彼女の作品に出会いたいな



posted by jupi at 22:48| 京都 ☁| Comment(4) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゅぴさん、面白くて楽しい話題を
ありがとうございました〜♪♪♪
YOU TUBEもちゃんとみましたよ!
すーごいよかった〜。
完ぺき刺激を受けました☆☆☆

わたしも本物が見たいなぁ・・・。
Posted by moko at 2010年07月16日 03:58
この作家は知りませんでした。
陰影をこんなにも巧みにアートにするとは。
ぜひ他の作品も生で見てみたいですね。

タイトルの「まちのながめ」も素敵です。
写真に写っていない左側の情景が
思い浮かぶようです。
Posted by るうかす at 2010年07月16日 20:14
mokoさんもファンになりましたか?
すごくいいですよね、この方の作品。

mokoさんのお近くにあるといいですね。
時々芸術祭などにも出展されているようです。
Posted by mokoさんへ at 2010年07月18日 11:42
山下さんの作品は、とても精巧で
美しいですね。

そう、タイトルも素敵です。
難波の中心地にふさわしい、楽しげな
希望の見えるタイトルですね。

タイトルって大事なのだなぁと、改めて
感じました。
Posted by るうかすさんへ at 2010年07月18日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。