2010年11月15日

にじ

DSC00715-500.JPG

結婚して京都に来て初めて住んだ町へ、20年ぶりに行きました。
昔住んでいた家もそのままあって、とても懐かしい気分。
仕事じゃなかったら、来なかったかも。

良い人との出会いもあり、寒いけれど心は温か。
橋を渡りながらふと空を見上げると、虹がかかっていました。
なんだかとてもいい気持ちハートたち(複数ハート)

虹を見るとハナウタで歌う歌。
息子が小さい時によく歌った歌。



DSC00719-500.JPG

明日もいい一日でありますように・・・
posted by jupi at 22:43| 京都 ☀| Comment(8) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゅぴさん
綺麗ですね虹。だんだん寒くなっていますが、おでんの季節でもありますねー。
じゅぴさんが結婚して初めて住んだ京都?懐かしいでしょうね。
そんなきもちのいいときにこの虹がかかったのは、偶然じゃないんじゃないでしょうか?
Posted by isshy at 2010年11月16日 23:33
昔住んでいた場所っていろんな思い出が蘇って
懐かしい気分になれますね!
私は生まれも育ちも今の場所なので、
そういう場所がないんですよね〜…
まぁ小学校とかに行ったら懐かしい気分にはなるんですが…(笑)

にじの歌…
幼稚園の参観日で上の子が歌っていました。
良い歌で感動してたのを思い出しました。
思い出させて頂き、ありがとうございました。
Posted by ひろひろ at 2010年11月17日 08:13
おでんと熱燗の季節になりましたね!!

私が京都で初めて住んだのは、上桂なんです。
上野橋を歩いて渡って、風の強さを思い出しました。

橋から見た嵐山の紅葉は、あと少しといったところでした。

虹は必然だったのでしょうか(^0^)
Posted by isshyさんへ at 2010年11月17日 23:24
生まれた時から今まで同じ所って、
すごいですね!!

息子もひろひろさんみたいに
ずっと京都で暮らすのかもしれません・・・
京都で生まれた人は、京都以外に移りたく
ない人が多いですね。愛があるのでしょう。

にじ♪の歌、いいですよね〜
私好きなんです、この歌。

Posted by ひろひろさんへ at 2010年11月17日 23:29
じゅぴさん
えっ上桂?
私の住まいではないですか…
生まれも育ちも上桂です(笑)
上野橋、程近いです。
というか毎朝毎晩渡っております。
今はどの辺りなのですか?
Posted by ひろひろ at 2010年11月17日 23:50
こんばんは☆彡
やっぱり上野橋あたりの風景だったんですね!!
UPされてから何回も見て、なんか似てると思ってたのですが、自信がなくて…^^

昔住んでたところを訪れるのっていいですね♪
なんだか懐かしい気持ちがこみ上ってくるのと同時に、今の自分と当時を比べてしまって、成長してないなどグダグダと…(笑)

でも、ジュピさん!
上桂だったらすぐに行けるじゃないですか(^▽^;)
Posted by AKIRA at 2010年11月19日 19:26
えー! ひろひろさんは上桂だったのですか。

私の知り合いの方で、桂川の堤防の四季を
組写真にした作品でニッコール大賞をとった
人がいますよ〜。
写真は場所ではなくて、腕なのだ、遠くに行かなくても
大賞は撮れるのだ・・・と痛感しました。

上野橋、風が強くて寒いですよね〜。

25年前、段町のローソンに行くために、橋を渡っていました。
そういえば、段町の耳鼻科で受付もしてました。

ひろひろさんとはその頃にどこかですれ違っていたかもね。

今の住まいはAKIRAさんとひろひろさんのお家の中間地点位かも・・・


Posted by ひろひろさんへ at 2010年11月19日 20:49
そうそう、今の住まいとはめちゃ近いんですよね、ワハハ。

でも、あのあたり道が良くなって、古い街道には行かなく
なったので、前を通ることってなかったんですよ。

今回お邪魔した工場が、昔の住所と同じ町名で、
まん前を通ったのでした。

AKIRAさんは昔と変わりませんか?
私は新婚から四半世紀経っているので、ずいぶん変わった
かな。
その頃は、大阪の病院まで通勤していましたから。
元気で初々しかったなぁ(^0^)

AKIRAさんに紹介していただいたおかげで、懐かしい場所に
いけましたよ。
ありがとうね。
Posted by AKIRAさんへ at 2010年11月19日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。