2006年11月12日

Once in a Blue Moon

何年前になるんだろうか

テレビドラマでWITH LOVE というのがあった

その中で 竹ノ内豊演ずる作曲家が作った曲が
とても好きでした

once in a blue moon

私の好きなカクテル BlueMoon にも似た曲名で、
直訳すると「滅多にない」という慣用句なんだそうです。

この once in a blue moon を本当に作った作曲家は
岩代太郎さんだと最近知って 驚きました。

岩代太郎といえば、私の大好きなドラマ「白線流し」の曲を
書いておられた方ではないですか。

詳しく調べてみたら、大林宣彦の「あした」の曲も手がけておられて。
この映画の曲も私は好きなのでした。

私の好きな曲は 全部岩代太郎作曲だったのだと解って、
パズルが解けたみたいにすっきり嬉しくなったのでした。

視聴は こちら から

Tact Taro Best Works 2000-2005
Tact Taro Best Works 2000-2005岩代太郎 東京都交響楽団 宮本文昭

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-10-25
売り上げランキング : 21


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by jupi at 00:20| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しっかり視聴しちゃいました(~~)心が落ち着くわぁ。たまにはこんな曲聴いて心のリフレッシュしなきゃね。
Posted by yukimo at 2006年11月13日 11:49
わたしも岩代太郎は好みです。そのドラマも見てました。いい曲でしたね。あと同じ竹之内豊と松島菜々子のドラマの音楽や、大河の葵三代の音楽も手掛けていました。彼の作風には特徴があるので聞けば、もしかして?と思います。
Posted by はたこ at 2006年11月13日 21:45
むすめさんがお昼ねの合間にリフレッシュ
して下さいませ。

音楽って本当に心が落ち着きますよね。
Posted by yukimoさんへ at 2006年11月14日 23:32
はたこさんもお好きでしたか。

私は白線流しの時の曲が大好きで、
このサントラを聴くと 胸がしめつけられます。

心を揺さぶられるのです。

松島菜々子のドラマの曲は聞いたことないなぁ。
一度聴いてみます。

情報ありがとうございます。
Posted by はたこさんへ at 2006年11月14日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。