2006年12月17日

さよなら母校

今年で母校の高校が建て直されることになりました
新年早々から工事が始まるということで、いてもたっても
いられなくなり、尼崎市まで出かけてきました

??〓 191-1217.jpg
思い出深い 一年三組の教室 
この窓から出入りしたこともありました
今回 一つだけ 思い出作りに犯罪をおかしてきました(^^;

??〓 221-1217.jpg
何度この扉を出入りしたんだろうなぁ

??〓 151-1217.jpg
三年の時の教室の廊下

??〓 217-1217.jpg
通称 かめ池 ここでよく友人達とたわいもない話をしていました

??〓 192-1217.jpg
三年二組 教室の窓 好きな人が走りながら校門にやってくるのを
見ているのが好きでした 長い長い手紙をもらって その手紙に心動かされ
しゃがみこんで泣いたのもこの場所

??〓 199-1217.jpg
水泳部のマネージャー にんにくの醤油煮やレモンの砂糖漬 おにぎりを
沢山作りました 日焼けしてまっ黒だった インターハイは徳島へ

??〓 216-1217.jpg
校則のない学校 唯一「自主自律」がモットー 私服で学校に通った


??〓 152-1217.jpg
別れを惜しむように 在校生と先生がバーベキューをしていました

??〓 220-1217.jpg

正面玄関のげた箱は廃棄処分 
悲しいなぁと見ていたら うんと若いOBの女の子が 私と同じように学校に
来ていて、下駄箱を抱きしめていた

「悲しいねぇ」と話しかけたら
 うんうんとうなずいていました
??〓 183-1217.jpg

 いつまでもいても仕方ないし、さあ帰ろうかな・・・と
 玄関先で最後の撮影をしていたら、4階の窓から誰かが大きく手を振っていて
 よく見たら さっきの女の子達だった。
 私も思わず手を振った カメラを向けたらピースサイン(^^)

 手を振った後 思わず涙がこみあげてきた・・・

みんなそれぞれの思い出を心にしまって

 さよなら そして ありがとう わが母校 




posted by jupi at 22:11| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゅぴさん
そうですか、悲しいね。寂しいね。
校舎っていうのは、じゅぴさんたちを含む大勢の夢や希望を育んだ建物だし、本来は他の建造物のように建替えたり取り壊したりはしてはいけないものなのかもしれないですね。先日私も、卒業した小学校を訪ねました。そうやって、訪ねることができるのも、まだ校舎や校庭が残っているからで、建替えられてしまうと、多分足も遠くなるんですよね。
下駄箱に抱きついたり、教壇に頬擦りしたくなる気持ちよくわかります。
Posted by isshy at 2006年12月17日 23:18
タイムスリップしちゃいました。懐かしいく物悲しい気持ちでいっぱいになり涙が込上げてきました(>_<)本当に無くなるのよね。楽しかった事、悲しかった事が昨日のように蘇りました。もっちゃん沢山の写真ありがとう(~_~)
Posted by yukimo at 2006年12月18日 09:31
学校というものは、卒業してからも昔のままにあってほしいものですね。
思い出を全部否定された気分になりますよね。
私は年寄りで、卒業をした学校全て木造校舎でしたので仕方がないと自覚はしていますが…。
大学時代に一度訪問し、否定された学び舎をみてからは行ってません。
もうよそ様の学校になってしまった感です。
でも、今の時代統廃合で廃校になっている学校があります。
まだ存続していてくれるだけでも良しとしなくては…。
Posted by 大五 at 2006年12月18日 21:55
行くまでよりも
実際に母校を見てからの方が
とてもとも寂しい気持ちになりました

でも歩いてみるとかなり老朽化していて
限界だなぁと感じました

新しくなった高校には行かないと思います

isshyさんの母校は地域の方に可愛がられて
長く長く使われるといいですね
Posted by isshyさんへ at 2006年12月18日 23:52
YUKIMOさんも ももちゃん連れて
行っておいでよ〜

すごく懐かしかったよ
あの頃のまま 迎えてくれました
Posted by YUKIMOさんへ at 2006年12月18日 23:56
私が通った 府立の公衆衛生専門学校も
府立病院の建替えと共に場所も変わり
名前まで医療技術短大になってしまいました。

学校がなくなるのは本当に悲しいですね

大五さんの心の中でいたまでも残しておいて
あげてくださいね
Posted by 大五さんへ at 2006年12月18日 23:58
お久しぶりです♪
じゅぴさんの心に共鳴してしまったのでしょうか。。
涙が止まりません。。
たくさんの人たちの・・・
いろいろな青春の思い出や、歴史が・・・・。。
私の心に響いてきます。。
窓からの日差しが、机や廊下に差し込んでくる風景。
タイムスリップしちゃいました。。
なぜか。。。じゅぴさんに・・・
・・・・ありがとう・・・。。
・・・て・・・感じです。。
Posted by きまぐれパパ at 2006年12月22日 21:18
素敵なコメントをありがとうございます。
お元気でしたか?

きっと私の思い出とパパさんの学生時代が
どこかで重なったのでしょうね。

パパさんは建物を作られる方だから、建築物
への思い入れも人一倍強いんでしょう。

これからも長持ちするいい建物を作って下さいね

こちらこそありがとうございましたって感じ(^^)[
Posted by パパさんへ at 2006年12月23日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29826689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。