2007年10月26日

京都おつつみ手帖

京都 おつつみ手帖 (act books)
京都 おつつみ手帖 (act books)佐藤 紅

光村推古書院 2006-06
売り上げランキング : 268290

おすすめ平均 star
star包装もお土産

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館でとても楽しい本を発見しました

京都のショップで包装紙として使われているもののカタログ
包み紙もこうして並べてみると とっても可愛いです

見ているだけで わくわくしてしまいます

私が一番気に入ったのは 二条若狭屋で使われている
徳力富吉郎さんの版画の箱

そういえば 夏に姉と花脊そばを食べに行った時にも
この方の絵葉書など 沢山買い求めたことを思い出しました

包み紙と箱が大好きな姉に この本をプレゼントしましょう揺れるハート
posted by jupi at 21:42| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日届きました。ありがとう。包みもお菓子も大好きな長久堂の「きぬた」が載っていて、一保堂に鳩居堂は包装紙を見ると香りも漂ってきて、ああ〜ん、京都に行きたくなって困ります。
京都は奥が深いなあ・・・それにしても包装紙や小箱ってどうしてこんなにも胸をきゅんきゅんさせるんでしょう、幾つになってもねぇ。「あの店 この包装紙」フェアーなんていう企画をどこかの百貨店でやってくれないかなあ
Posted by sazae at 2007年10月28日 20:21
本当に可愛い包み紙が沢山ありますね

この包み紙でブックカバーや封筒なんて
作ったら とてもキュートかも・・・

とすぐに商売に結び付けてしまう
自分が嫌です(^^;

Posted by sazaeさま at 2007年10月29日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。