2008年05月01日

退蔵院

DSC_0079-500.jpg

妙心寺の中にある 退蔵院は どの季節の時も
心地よく私を迎え入れてくれます

連休というのに 妙心寺は観光客が少なめで
穴場なのかもしれません

花や緑の美しさ 水琴窟の音色の美しさ
DSC_0069-500.jpg

鳴く床から見る庭の美しさ

心が鎮まる一時を過ごせます

研修を終えて疲れていたのですが、火曜日
あまりにも空が美しかったので 一時間だけ
お寺の散歩に行ってきました

カメラを提げて一人でぶらぶらすることも
平気になってきたおばちゃんなのでした
posted by jupi at 22:27| 京都 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jupiさんが羨ましい・・・。
京都在住なんて 私の憧れですよ!
「歩き出せば寺社仏閣」 こんなタイトルの歌が
すぐに生まれそう。
水琴窟の音色は、NHKの何とかスペシャルの様な
番組でしか聞いた事ないし・・・。とても美しい
音色でした。

でもね、でもねjupiさん
私の住むこの小さな町にも
大好きな場所(箇所?)があります。
近所のスーパーマーケットに行く途中のJR高架下
3月終わり頃の日差しがぽかぽか陽気のある日。
コンクリートの間に手のひら大の隙間があって
そこに咲いてるんですよ〜、オオイヌノフグリが
小さい水色の星たちが、風に吹かれて
チリリ、チリリって揺れるんです♪
「お〜君たち、今年も咲いてくれたんだね!」
私に春の訪れを 毎年告げてくれます。
いつも はっ!と気がつくところに、喜びも倍増
です。  大自然からのサプライズプレゼント♪
「オオイヌノフグリ、最高!」
とかつぶやきながら
そんな日はつい心が弾んでしまって、帰り道では
袋の重さで顔が少しゆがみます。

案外、京都に匹敵する位の自然がこんな所にも
あるのかもしれない・・・。
Posted by moko at 2008年05月02日 02:52
若い頃、妙心寺の宿坊に泊まりました〜。
でも、それ以来あっちの方には
あんまり行ってないなぁ〜。

散歩すると、色んな発見がありますよねぇ〜。
私は在来線の旅をしてみたいと
最近考えてマス。へへへっ。
この写真、ツツジ?サツキ?のピンクが
映えてますねぇ〜。
Posted by 坂ち at 2008年05月02日 15:17
素敵な写真
初夏 小高い丘から 海辺を望んでるような

白石の波紋が 海の波に 見れば見るほどそう感じてくるわ
不思議

どこか遠くに出かけた様な そんな写真
ありがとうさん★


 

Posted by あまのがわ  at 2008年05月02日 22:18
確かに京都には素晴らしい自然や歴史が
沢山あるのだと思います

でも田舎で生まれ育った私は
もっと山奥の緑だったり小川だったり
海だったりが好きなのです

バラよりも都忘れがすき・・・そんな感じです

mokoさんに見つけてもらえる
『オオイヌフグリ』さんは 幸せものですね

水琴窟の音色 いつか聴いてみて下さいね
Posted by mokoさんへ at 2008年05月03日 10:00
坂ちさん

在来線の旅ですか〜 最高最高

新幹線は早くて便利だけれど
やっぱり移動のツールという感じの利用で
ゆっくり走る電車は風情がありますよね!!

また旅の写真をブログに載せて下さいね

私は家でミシンでもふむことにします
Posted by 坂ちさんへ at 2008年05月03日 10:03
あまのがわさん

この写真から海が想像できるとは
人の心は なんとも自由なものなんですねー

私の写真でよかったら
いろんな所へ旅をして
ストレス解消して下さいね

Posted by あまのがわさんへ at 2008年05月03日 10:05
先日はいきなりのコメントですみません。
「はじめまして」もなく・・・。
ただ写真に魅せられてしまって。

京都は私のあこがれのまちです。
年に数回おじゃましますが、何度行っても
飽きない、不思議な感覚の場所です。

jupiさんの写真は本当に素敵です♪
いつも楽しみにしています。
またおじゃまさせてくださいね♪
Posted by ぱんだ at 2008年05月03日 19:57
再びのコメントをありがとうございます

年に数回も京都に来られているのですねー
京都に住む人よりも京都通かもしれませんね(^-^)

京都で生まれ育っていても金閣寺に行った事が
ないと言う方 たくさんいらっしゃるんですよ

またいつでも遊びにきてくださいね

Posted by ぱんださんへ at 2008年05月04日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。