2010年11月07日

祈り

DSC00688-1.JPG

小田原からはるばるやってきた学生時代の友人。

娘さんが大学受験だそうで、
合格祈願に行きたいとのこと。
北野天満宮へ案内しました。

一生懸命娘さんのために絵馬に字を
書いている友人。

20年前は、一緒にバカやってはしゃいでたのに、
今は3人の子供の母親としてしっかり頑張っています。

彼女とは学生の時に、ボランティアで養護施設に
訪問したことがありました。
栄養調査で1週間お世話になりました。

子供たちの食事と排泄の記録をとりながら、合間には
ずーっと子供たちと遊ばせていただきました。
子供たちはいろんな切ない話を聞かせてくれました。

かなりしんどかったけれど、心に残る良い思い出です。

彼女は現在小学校で障害のある子供たちのサポーターを
しているとか。もう5年続けているそう。

「あの時の実習が、きっと今の私の仕事につながってたんやと思う」
と話してくれました。

なるほど、つながっていたかもしれない。

お互いに福祉関係の仕事をしている私たち。
とても不思議、そして嬉しい気分。

春ごろにはクラス全体の同窓会をしましょうと
誓い合って別れました。

離れて暮らしていても、お互いが頑張っていることを
心の支えにして、がんばろう・・・
posted by jupi at 12:49| 京都 ☔| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ミニ同窓会

画像 124-450.jpg

18歳から20歳まで、栄養士の資格をとるために
私は地味〜な公立の専門学校に通っておりました。
(今は立派な医療技術短大に変わりました〜)

そこで出会った素敵な仲間たち。

みんな栄養士として仕事をしていたし、結婚して子供ができたり、
関東に引っ越す人もいて、年賀状には「毎年「会いたいね」と
書くこと25年(^-^)

関東の友達が久しぶりにこちらに来る用事があり、「週末に
京都で泊まるので会えるかな?」とメールをくれました。

それなら仲良かった6人みんな誘ってみようよ!と
連絡をとってみたら、みんなその日は偶然空いていました!

プチ同窓会開催決定です。
会おうと思ったら、会えたんやなぁ・・・

こういうことって、何かのきっかけがないと出来ないんですね。
メールをくれた友達に感謝ですハートたち(複数ハート)





posted by jupi at 22:54| 京都 ☀| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

はずせない指輪

20091003 073-400.jpg
今回の彫刻展で一番心に響いた作品です



友人がかぎ針編を教えて欲しいと言うので、
今冬は週末に個人指導の手芸教室を開くことにしました。

初心者なのに、難しいキットを頒布会で半年購入してはるので、
なかなか苦労しながら楽しんでいます。

今は携帯入れ。
製作途中 まだ底を作っていない段階で手にはめて
みたら、温か〜いハートたち(複数ハート)
レッグウォーマーのように手首にはめたら
セーターを着ているみたいに見えて楽しいかも・・・
と、意外な発見をしました。

2009110319010000-1.jpg

余談ですが、指にはめているシルバーの指輪。
これ、自分で作ったものなんです。

父の看病をしていた頃に、この指輪を見つけた父が
私の手をとり、しばらく眺めて
「この指輪はええなぁ。よう似合っとる。」
と、珍しく私の装飾品を褒めてくれました。

なので、なんだかはずせなくなって、
ちょっと指より大きくてグルグル回るし、
可愛い指輪をしたいのに、はずせないまま
指にはめているのです。
posted by jupi at 20:31| 京都 ☀| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

くちなし



歌を習っている姉の発表会があり、
その時に姉が歌ったうた 『くちなし』

父親の優しい愛情が溢れた歌
美しいメロディーに魅せられました

早いものでもう一年です
私たち家族の思い出の歌となりました

◆くちなし  詩 高野喜久雄◆

荒れていた庭 片隅に
亡き父が植えたくちなし
年ごとに かおり高く
花はふえ
今年は十九の実がついた

くちなしの木に
くちなしの花が咲き
実がついた
ただ それだけのことなのに
ふるえる
ふるえるわたしのこころ

「ごらん くちなしの実を ごらん
熟しても 口を開かぬ くちなしの実だ」
とある日の 父のことば
父の祈り

くちなしの実よ
くちなしの実のように
待ちこがれつつ
ひたすらに こがれ生きよ
と父はいう
今も どこかで父はいう
posted by jupi at 22:37| 京都 ☁| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

さよなら母校

今年で母校の高校が建て直されることになりました
新年早々から工事が始まるということで、いてもたっても
いられなくなり、尼崎市まで出かけてきました

??〓 191-1217.jpg
思い出深い 一年三組の教室 
この窓から出入りしたこともありました
今回 一つだけ 思い出作りに犯罪をおかしてきました(^^;

??〓 221-1217.jpg
何度この扉を出入りしたんだろうなぁ

??〓 151-1217.jpg
三年の時の教室の廊下

??〓 217-1217.jpg
通称 かめ池 ここでよく友人達とたわいもない話をしていました

??〓 192-1217.jpg
三年二組 教室の窓 好きな人が走りながら校門にやってくるのを
見ているのが好きでした 長い長い手紙をもらって その手紙に心動かされ
しゃがみこんで泣いたのもこの場所

??〓 199-1217.jpg
水泳部のマネージャー にんにくの醤油煮やレモンの砂糖漬 おにぎりを
沢山作りました 日焼けしてまっ黒だった インターハイは徳島へ

??〓 216-1217.jpg
校則のない学校 唯一「自主自律」がモットー 私服で学校に通った


??〓 152-1217.jpg
別れを惜しむように 在校生と先生がバーベキューをしていました

??〓 220-1217.jpg

正面玄関のげた箱は廃棄処分 
悲しいなぁと見ていたら うんと若いOBの女の子が 私と同じように学校に
来ていて、下駄箱を抱きしめていた

「悲しいねぇ」と話しかけたら
 うんうんとうなずいていました
??〓 183-1217.jpg

 いつまでもいても仕方ないし、さあ帰ろうかな・・・と
 玄関先で最後の撮影をしていたら、4階の窓から誰かが大きく手を振っていて
 よく見たら さっきの女の子達だった。
 私も思わず手を振った カメラを向けたらピースサイン(^^)

 手を振った後 思わず涙がこみあげてきた・・・

みんなそれぞれの思い出を心にしまって

 さよなら そして ありがとう わが母校 




posted by jupi at 22:11| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

記憶の中に

  ??〓 022-0805.jpg

同じ経験をし
同じ時を過ごしてきたのに
心に残る記憶は異なるものなのだと

辛い思い出もいっぱいあるけれど
私にとってはそれ以上に
愛された思い出が溢れる場所

消したくない記憶




posted by jupi at 23:33| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

赤井英和

どついたるねん
どついたるねん赤井英和 大和武士 原田芳雄

ジェネオン エンタテインメント 2002-05-24
売り上げランキング : 24,271

おすすめ平均 star
star赤井、大阪、ボクシング、友情・・・何でこんなにみんなカッコええの!?
starお前は風か!
starどついて、どついて。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日深夜に赤井さんのボクサー時代のドキュメントが放送されていました

グリーン津田ジム エディさんの声 若き日の赤井さんが
映し出され、私の心も一気に20年前のあの頃に戻ってしまった

デマチというのでしょうか 好きなスターが楽屋から出てくるのを
待ったのは 赤井さんだけですね ふふふ

栄養士の学校が天王寺にあったので、授業の後にもう一人の大ファンの
友達とジムに何度か遊びに行きました

皆さん親切で 見学の私たちにも声をかけて下さって、もちろん
赤井さんご自身も 笑わせてくれました

トレーニングしている赤井さんは本当に男らしくて・・・

一度友達と赤井さんのお家の周りをうろうろしていたら
お母さんが 「ファンの子やったら上がり〜」と言ってくれて
今までの試合の記録とか写真とか 沢山見せて頂きました

その内に 赤井さんも帰ってこられて サインしてもらったり
写真を撮ってもらったり

西成の更正施設でボランティアしている時、赤井さんのランニング
によく出会い、グレーのスウェット姿の彼が手をあげて「よぉ」と
笑ってくださるのが とてもとても嬉しかった思い出です

先日のテレビで
「生まれ変わったら 今度はチャンピョンになりたいですか?」
と聞かれた時に 彼は
「あの事故があるから今がある。もう一度今と同じように生きたい。」と
爽やかに言い放っておられました

相変わらず彼は男気のある優しい男性なんだなーと 
尊敬してしまいました

20年変わらず 理想の男性は 赤井さんですわーい(嬉しい顔)
posted by jupi at 19:24| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

星空の友達

VFSH0010-1.jpg
****************************************
遥かな友へ

静かな夜更けに いつもいつも
思い出すのは お前のこと
お休み 安らかに たどれ 夢路
お休み 楽しく今宵もまた

明るい星の夜は 遥かな空に
思い出すのは お前のこと
お休み 安らかに たどれ 夢路
お休み 楽しく今宵もまた

****************************************

夜になって ハミングする時によく出てくる歌です。
何故か 息子の子守唄にもしていました。

私は以前 星が好きな人たちと友達になりたくて
HPを作っていた頃がありました。
今よりもっと辛くて 弱くて ずるくて 小さかった私

その時に知り合った友人が 今でも私のブログを読んで
時々メールをくれます。

私は彼女に会ったことがないのですが、私の中ではとても
大切な心の友です。

私が福祉の世界でなんとか頑張っていられるのも、通信の勉強を
し始めたのも 先輩である彼女を見習ってなのです。

ネットって 色々な悲しい事件も引き起こすし、所詮バーチャルな
世界と言われたりもするけれど・・・

わたしが こうして 毎日頑張れるのも ネットで偶然知り合えた
人達とのつながりによって 支えてもらっているからだなぁと思います。

会えなくても 多くを語らなくても 心の側にいてくれる遥かな友が、
七夕の日に送ってくれたメール。 ちょっと落ち込んでいるみたいなので

彼女にこの歌を贈ろうと思います。
♪元気になぁれ

いつか 京都で会える日を楽しみに
posted by jupi at 00:22| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

高校がリニューアル?

私の通っていた高校が新しく生まれ変わるらしい。
築50年以上だから 仕方のないことかもしれません。

でも なんだか思い出までが壊れてしまうようで、
悲しいね・・・と 当時の友達とメールしていました。

結婚して尼崎を離れて 19年
両親も京都に呼び寄せたので、訪れることがなくなった懐かしい街

高校時代の友達とは今でもよく集まります。
見た目は少し いえずいぶん変わったはずなんだけれど、
会えば皆あの頃のまま。

歌えばサザンやRCだし、話すことは高校の頃のこと。

私にとっては自分らしさを作ってくれた原点のような場所と友達。

壊す前に 一度みんなで訪れたいねと約束をしました。

amakita.jpg
posted by jupi at 20:13| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。