2011年05月08日

ホキ美術館


画像 121-400.jpg
*最初、写真を撮るときに、「あのおじさんがいなかったらなぁ」
なんて思っていたら、美術館館長の保木さんでした。すいません。*

東京に行ったら、是非立ち寄りたかった場所、
ホキ美術館を訪れてきました。

以前テレビでこの美術館を見てから、この美術館の建築物の美しさと、
写実絵画という写真のごとく精密な写実画という存在を知り、
実際に見て見たかったのです。

美術館は、絵を楽しんでみることができるように、
自然光やLEDの光が上手に取り入れられ、流線型の
細長いギャラリーは、人の気持ちをわくわくさせる
ものでした。

画像 127.jpg
*ソニーのサイバーショットでスイングパノラマ機能を使って撮影*


「これなら写真を撮ればいいんじゃない?」と絵を見ながら言って
おられる方もいらっしゃいましたが、私はそうも思いません。
写真と絵画の両面が表現できそうに思うからです。
今後写実絵画がどのような評価を受けていくのか、とても楽しみです。

美術館には素敵なレストランやカフェもありましたが、
今回はパスしました。

posted by jupi at 14:32| 京都 ☀| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

命の足跡 草間彌生さん

画像 067-400.jpg

草間彌生さんの屋外の作品です。
ここは、屋上に池があって、その周りをぐるっと歩けます。

私には、このピンクの水玉は「いもむし」にしか見えなかったけれど、
タイトルは「命の足跡」 うーん タイトルを見たら奥が深いのね。

画像 072-400.jpg

では、水玉作品のオンパレードをどうぞ

画像 051-400.jpg

画像 047-400.jpg

画像 063-400.jpg
posted by jupi at 21:37| 京都 ☁| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

グラデーション

画像 129-450.jpg

ルシア・コッホの作品。
普通のビルの窓にきれいなグラデーション。
夕日がさして、きれいでした。

ここ数日気持ちの良い気候ですね。

仕事を終えて、晩御飯作って食べて、諸々を片付けたら
読書タイムです。

その時に、お香をたいています。
今好きなのは、Xiang グレープフルーツ


夜ののんびりタイムにぴったりです。

画像 291-400.jpg


posted by jupi at 20:16| 京都 ☀| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

きらきら 市川武史さん

画像 142-450.jpg

裸電球が、星のように輝いていて、とてもきれい。
オーロラを実際に見たことはないけれど、
市川さんの作品の中にいる時は、
オーロラに包まれたような、
そんな満ち足りた感覚

画像 139-450.jpg

画像 144-450.jpg
posted by jupi at 21:13| 京都 ☁| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

あいちトリエンナーレ2010 三沢厚彦さん

画像 013-400.jpg

あいちトリエンナーレに行きたかった一番の理由は、
三沢厚彦さんの白クマに会いたかったから。

画像 016-400.jpg
いきいきしていて愛らしくて。写真で見るよりも
本物の方が、木彫の迫力とか、丸み等がよくわかりました。

画像 031-400.jpg
*** かがみ方といい、シッポといい、超キュート!! ***

写真撮影許可なんて、太っ腹(^-^) (ただし白クマのみ)

またどこかで個展をされるなら、行きたいものです。

ANIMALS+ MISAWA ATSUHIKO
ANIMALS+ MISAWA ATSUHIKO三沢 厚彦

求龍堂 2007-04
売り上げランキング : 299278

おすすめ平均 star
star彫刻家・三沢厚彦さんのANIMALS+
starとぼけた動物が満載、大満足の1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by jupi at 22:30| 京都 ☔| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

空に届く光

画像 262-400.jpg

あいちトリエンナーレ2010の作品のひとつ「spectra nagoya」
64台のサーチライトを使った作品です。

画像 186-400.jpg
遠くから見ると、1本の光なのですが、光の下に行くと、
まるでUFOが迎えに来て、私たちを宇宙に連れて行って
くれそうな、不思議な感覚にとらわれます。

みんながカメラを持って手を伸ばして空を仰いでいるから、
なおさら異様なムードです。

画像 180.jpg
真下から見上げるとこんな感じ。

画像 266-400.jpg
すごいものを見せていただきました。
posted by jupi at 23:51| 京都 ☁| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

変わっていくこと

画像 003-500.jpg
*****神戸は建物がおしゃれですね******

神戸にいきました。
仕事の関係で「ノリエット」のパティシエの講習会を見学

画像 030-350.jpg

その足で、開催中の石井一男展へ

同じ作家の方の個展を続けて見る機会は
あまりない私ですが、
時間の経過と共に、石井さんの作風が変わってきていることに
気づきます。

こちらの感性も変わっていくし、その時の気分で感じ方も
変わるのでしょうね。人の数だけ感じるものも違うのでしょう。

そんなアートとの「出会い」がとても楽しいこの頃です。

苔のむすまで苔のむすまで
杉本 博司

新潮社 2005-08-24
売り上げランキング : 127125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





posted by jupi at 22:01| 京都 ☁| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

静かに待つ

画像 006.jpg

テレビで見てから、ずっと実際に見てみたかった
山下工美さんの影のアート

タイトルは「まちのながめ」

凹凸のある数字のオブジェが壁に貼り付けてあって、
ライトを当てると、女性が手すりに手をあてて、
誰かを待っているような感じ?

不思議だなぁ・・・

東京の産婦人科には、影で赤ちゃんが浮かび上がる作品が
あるのだとか。

またどこかで彼女の作品に出会いたいな



posted by jupi at 22:48| 京都 ☁| Comment(4) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

海を開くファスナーの船

fastener_01.jpg

以前テレビで知ってからファンになり、一度は作品を見てみたいと
思っていた鈴木康広氏の作品が、「瀬戸内国際芸術祭2010」に
登場します。

その作品は「ファスナーの船」 
なんてすてきなんでしょう。

その上、このファスナー、水上タクシーになるとか!!
乗ってみたい〜
是非自分の目でファスナーが海を開く姿を見てみたいもの
です。黒ハート今からワクワク
posted by jupi at 23:17| 京都 ☀| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

奇蹟の画家

奇蹟の画家
奇蹟の画家
講談社 2009-12-08
売り上げランキング : 9699


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とてもいい本です。
画家 石井一男氏のことを書かれています。

個展を見に行って、自然と涙が溢れた経験は
初めてでした。

ただいま神戸では個展を開催されています。
ギャラリー島田

今回も時間を作って行きたいと思っています。

本の中で、この方の絵を歌に
たとえるなら「鏡の中の鏡」だと書いてあり、
どんな曲かと調べたら、本当にそんな感じでした。

posted by jupi at 23:08| 京都 ☁| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

京都野外彫刻展

20091003 005-350.jpg
日曜日
朝早く目覚めたら
植物園に行く

毎年楽しみにしている
野外彫刻展を見に

20091003 031-400.jpg

大好きなくすの木の並木道に
今年はどんな彫刻が
待っていてくれるのか
わくわくして
スタートハートたち(複数ハート)
posted by jupi at 20:28| 京都 | Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

神戸ビエンナーレ2009

20091003 324-400.jpg

神戸ビエンナーレ2009を見てきました。

メリケンパークと美術館の間を遊覧船で結び、
海の上にもオブジェを作ってしまうおもしろさ。

コンテナの中に作られたアートを一つ一つ見て回るのも
楽しいし、船の中ではダンスパフォーマンスまで見せてくれる。
全ての会場を回るのは、乗船券付きなら割引券利用で1200円。

会場では神戸ワインが飲めて皆陽気な雰囲気。
11月まであるので、観光ついでにいかがですか?


20091003 328-400.jpg
これはいけばな

20091003 343-400.jpg

20091003 344-400.jpg

時計で埋められた空間

20091003 348-400.jpg
平面なのに立体に見えて不思議〜

20091003 380-400.jpg

海の上のオブジェ 作者が船に向かって手を振ってくれました。

20091003 400-400.jpg


20091003 361-3501.jpg


20091003 362-350.jpg

不思議の国のアリスの世界から、また日常へ。
posted by jupi at 23:23| 京都 ☀| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

金沢21世紀美術館

DSC_0306-1.jpg

何度訪れても

私に心地よい刺激を与えてくれる場所


DSC_0295-400.jpg

秋の金沢も素敵ですね

DSC_0303-400.jpg
posted by jupi at 23:09| 京都 | Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

野外彫刻展

DSC_0101-1012.jpg

新しいレンズをつけて
早速植物園に行ってみました

今まで覗いていた世界と違ってびっくり

楽しくて夢中で撮ってしまいました

只今植物園は彫刻展を開催中です
昨年も行きましたが
野外の彫刻展は とても楽しいです
posted by jupi at 22:17| 京都 ☀| Comment(4) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

京都野外彫刻展

画像 076-1006.jpg

植物園に行けば、偶然野外彫刻展が催されていた

私は自然の中に置かれた彫刻にとても惹かれる

朝顔だけを撮ったら帰るつもりが
彫刻を見ながらゆっくり園内を散歩
森呼吸をしているうちに
体の芯のあたり? または心の奥?
どういえばいいのかわからないけれど
浄化されて スーッとした気持ちになっていった

画像 034-1006.jpg

画像 069-1006.jpg

画像 037-1006.jpg

画像 071-1006.jpg

画像 077-1006.jpg


画像 033-1006.jpg
posted by jupi at 18:35| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

東山魁夷せとうち美術館

画像 146-1.jpg
夏休みを利用して 青春18切符で高松まで日帰りで行ってきました。
片道5時間近くの鈍行列車の旅は 体力的に厳しかったけれど、
片道1150円で高松まで行けるのは とても魅力的。病み付きになりそう。
画像 144-1.jpg

高松に行くまでに途中下車して行きたかったのが、この 「東山魁夷せとうち美術館」

この方の描く 「蒼」い色が子供の頃から大好きで、中でも「道」という絵がとても
好きで。
 私が写真を撮るときのイメージの見本は魁夷さんかもなーって思います。
画像 147-1.jpg

瀬戸内に浮かぶ島のひとつが魁夷さんの田舎だそうで、瀬戸内は縁のある地という事で
ここに今年美術館が作られました。

瀬戸大橋を眺め、潮の香りのする美術館
小さい規模ながら とても素敵だと思いました。

くわしくは こちら
画像 149-1.jpg
posted by jupi at 14:03| 京都 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

京の七夕 天の川

画像 193-400.jpg

京都の街で素敵なイベントがありました。

京の七夕。
堀川通りの川を上手に活用して、竹で作られたアーチに
天の川を作ったもの。

静かな音楽も流れていて、幻想的でした。


画像 205-400.jpg
明るくなれば、竹ひごのドームが見えます。
いったいいくつのライトを使用しているのでしょう・・・

画像 136-400.jpg
いのり星という光る玉も川上から流れてきます。

画像 159-400.jpg
友禅を川に浸し、ライトアップ。なかなか凝っていました。
posted by jupi at 17:36| 京都 ☁| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。